ああっ、子供な大人部

私のアニメや漫画、ゲームへの「愛」を表現するブログです。よろしくお願いします。

第118回・さよなら!「ああっ、子供な大人部」

それは2021年 2月1日…。

 

一通のメールが届いた。

 

そのメールの内容とは…

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210202195445p:plain

【▼メール内容】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらははてなサポート窓口 Trust & Safety チームです。

このたび、ご利用のブログ
http://daccha.hateblo.jp/
に対して通報があり、確認いたしましたところ、はてな利用規約にて禁じております

---
倫理的に問題がある低俗有害下品な行為他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示する行為。ポルノ、売春、風俗営業、これらに関連する内容の情報を開示する行為。
---
に相当する

- 盗撮あるいは未成年者であると思われる画像
- 成人向け商品の画像

が掲載されておりました。

さらに、上記に相当しないものも、掲載している画像の多くは引用の出典が明示されていない状態であり、無断転載であると考えられます。
現状のような態様での転載に著作者からの申立があり、著作権侵害が明確であると判断した場合、プロバイダ責任制限法に基づき情報送信防止措置の対象となり、さらに、発信者情報開示請求を受けました際に開示相当との判断となることがあります。ご注意ください。

上記につきましてご確認いただき、不適切な画像の削除を行い、今後はガイドラインを守ってサービスをご利用いただける場合はご一報いただけますでしょうか。
なお、明日より起算して7日以内にご連絡がない場合、ご連絡をいただきましても状況に改善が見られない場合には、ご利用のブログを非公開といたします。ご了承ください。

------------------------------
はてなサポート窓口 Trust & Safety チーム
cs@hatena.ne.jp
------------------------------

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・・・

・・・・・

 

 

ですよね。(納得)

 

異議なし!!異論なし!!

そらそうだ!!

言われて「はあ?何が?どこが?」とか1ミリも思いません!!

その通り!おっしゃる通り!!

通報された方!倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示しているブログホントにごめんなさい!

私は嫌なら見なければいいじゃん!的な事は思いません!

だって書いてる側も頭大丈夫かこのブログって思ってるくらいだし。

 

ただ…「全記事だ」と言われたらそれまでなんですけど…

 

 

 

どの記事で通報されたんだ?

 

と、いう訳で今回は通報されたこのブログのどの記事が倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示している記事だったのか?というのをブログが消される前に考えたいと思います。

 

 

 

☆「ああっ、子供な大人部」はどんなブログなのか

f:id:catherine_yanagi:20210202201442p:plain

2016年、11月20日

「何かを長く続ける」というテーマで生まれたのがこのブログでした。

始めた時に〇〇系のブログにしようなどとコンセプトなどはなかった。

何でも良いから「自分の好きな事について熱く語る。」というのをメインにすれば、更新もするであろうし、楽しく書けるはずだろう。

そう思い最初に書いた記事が…

 

 

1発目から狂ってた。

不知火舞は確かにかわいい。素敵。

だが、1発目がコレはイカれてる以外の表現ができない。

そして、最初の記事である不知火舞ちゃんの紹介?から気付いていた。

f:id:catherine_yanagi:20210203142517p:plain999文字!

最初の記事が999文字数であった。

これが長いのか?短いのか?それすらも私には分からない数字でした。

不知火舞について999文字…

愛を表現するには短いのか?長すぎるのか?

 

netnews-street.net

と、こんな記事を発見。

この記事を参考にすると…

f:id:catherine_yanagi:20210203143019p:plain

【そこで、「読みやすくもあり、十分な文字数」が2,000〜3,000ではないかと言われているのです。】

 

2000~3000文字。

これが読みやすく十分な文字数!

そう思うと「まだまだ頑張れる!」と思いました。

 

f:id:catherine_yanagi:20210203143146p:plain1883文字!

後に書いた記事の文字数。

まだ少ないような…十分なような…?

先ほど紹介した記事の文にもう一度目を通すと…

 

f:id:catherine_yanagi:20210203143331p:plain

【「最低1,000文字以上」とは「一生懸命ユーザーの為に書いた記事の文字数が結果1,000文字以上だった」であることが大切なのです。初心者の方はこの「罠」にはまらないように気をつけてください。】

 

【「一生懸命ユーザーの為に書いた記事の文字数が結果1,000文字以上だった」であることが大切】

この言葉に僕は勇気をもらいました。

そう、自分の趣味のために書き始めたものの「読んでくれている人」が居る事を考えずに書いていたのです。

少しでも何か情報が欲しくこのブログを見に来てくれた人。

なんなら私の考えに共感してくれた人。

その人達の事を「全く」考えずに記事を書いていた。

 

よし…書くぞ!思った事は好きなだけ書いて、伝えるぞ!!

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210203143748p:plainどうだ!前回の倍だ!4000文字!!

f:id:catherine_yanagi:20210203143716p:plainまだまだ!6000文字!!突入!

f:id:catherine_yanagi:20210203144344p:plainくぅ~!1万文字まで届かず!!

 

f:id:catherine_yanagi:20210203144433p:plain1万文字達成!みんな!応援よろしく!!

 

f:id:catherine_yanagi:20210203143853p:plain1万2千!まだまだ止まらないぜ!!

 

フン、どれ…お前のスカウターは旧式だからな…

f:id:catherine_yanagi:20210203144545p:plainバカな!17876…だと!!?

 

 

 

長ぇよ。

と、どんどん「愛の表現」はエスカレートしていき一番長文で「17876文字」のブログなんだそうです。

今回のも合わせて118記事、とにかく長い。

このブログを読む時間・労力・文字数を考えると普通に伊坂幸太郎「魔王」から続編の「モダンタイムス」を一気に読む事をおススメしたい。

f:id:catherine_yanagi:20210203145236p:plain f:id:catherine_yanagi:20210203145250p:plain

 

f:id:catherine_yanagi:20210203144545p:plain

油断してると17876文字もあり、どの記事読んでも誤字脱字も酷く倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示している記事だと言われるような内容なので本当に伊坂幸太郎先生の小説をおススメしたい。

 

 

 

倫理的に問題がある低俗な記事

f:id:catherine_yanagi:20210209172207p:plain

 

【低俗】下品で俗っぽいこと。程度が低く、趣味の悪いこと。また、そのさま。

ここで記事製作者の私が通報されたと思われる低俗な記事をピックアップしていきたいと思う。

【候補1】

スーパーリアル麻雀という脱衣麻雀ゲームの初代ヒロインであり代脱ぎとして大活躍したショウコちゃんが女子高生であるが喫煙者じゃねーのか?と考える回。

という紹介だけで低俗感が滲み出ている。

凄い。一発目からこの低俗感。

どの記事が通報されたかなんて逆に想像もできなくなってきた。

 

【候補2】

DOA6で「ブレイクブロー」を喰らった時に顔が映る・映らないキャラ、それどころか流血するキャラ・しないキャラがいて何で平等な表現じゃないのか?と考える回。

ここだけ読むとゲームとはいえ表現の自由や男女平等を訴えてるっぽい人みたいな言い方であるがフタを開けるとほぼ全キャラがぶん殴られてる写真をアップで公開し、最終的にはこいつは処女だとか童貞だとか騒ぎ始めていた。

なぜ。なぜだ。

どうやったらそんな方向に行くのだ。

 

 

 

倫理的に問題がある有害な記事

f:id:catherine_yanagi:20210213135139p:plain

【有害】害があること。また、そのさま。

害のある記事いうたら全部やないかい。

と、思ったのだが、それ言ったらオシマイなのでここでは【害】の項目を詳しく見当てはめたいと思う。

f:id:catherine_yanagi:20210213135438p:plain

【害】悪い結果や影響を及ぼす物事。

全部やないかい。

 

【候補1】

女の子にモテるには「心の余裕」がある人だと聞き、それはどんな人だろう…ファイナルファイトのコンティニュー画面から心の余裕を学ぼう!という回。

内容だけ聞くと低俗では?と思うかもしれないのだが…

f:id:catherine_yanagi:20210213135909p:plain

f:id:catherine_yanagi:20210213135919p:plain

こ…子供が真似したらどーするんだ!!??

というファイナルファイトが大好きな熱き保護者からのクレームで通報されたのかもしれない。

もしくは…

 

f:id:catherine_yanagi:20210213140037p:plain

こ…子供が新しい性癖に目覚めたらどうするんだ!??という過去ファイナルファイト2のマキのコンティニュー画面に何かを感じた熱き変態野郎からのクレームかもしれない。

事実は分からないが、どのみち有害な記事であるのは間違いないだろう。

 

【候補2】

どうしてDOA6はAmazonのレビューで低評価なのか?こんなに面白いのに!!というのを考えて行く回。

この文だけみればDOA6の価値訴求・価値普及の両方をこなしたと思われるファンとして大変すばらしいと言っても良いであろう記事内容。

ではなかったから問題なのである。

なんというかこう、久々に読み返したら驚いた。

DOA6を買いたいのにAmazonレビューの★が低くて僕と同じく悩んでる人が…

もし当ブログを見つけたとしよう…

 

f:id:catherine_yanagi:20210213141219p:plain

大人気の一作前、DOA5の情報を入手…

f:id:catherine_yanagi:20210213141328p:plain

そして続編のDOA6の紹介をし、DOA5と比べ何がどう違うのか?

それを比べる事によって見えて来た答えは…!!

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210213141430p:plain

これは有害な記事。

な…なんでそうなったんだ…。

 

 

倫理的に問題がある下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容な記事

f:id:catherine_yanagi:20210213143916p:plain

【下品】品格・品性が劣ること。卑しいこと。また、そのさま。

記事全部やないかい。

と、私は感じるのだが中でも2つ、こりゃあひでぇと思われるものをピックアップしていきたいと思う。

 

 

【候補1】

タイトルの通りで風俗店に幽遊白書に登場する戸愚呂(弟)のようなお客が来たらしいのだが、それは一体どんなお客だったのか?というのを考える回。

30歳を過ぎた男子ならどちらもよくご存じであろう幽遊白書「店舗型ヘルス」をコラボレーションさせたという夢のような回。

USJスーパーマリオが登場全く逆を行く感じが最高である。

f:id:catherine_yanagi:20210213144701p:plain

名シーン・名言の多い戸愚呂の一言一言を下ネタに持っていくという発想は記事を書いていてとても楽しかった記憶すらあるのだが、冷静に考えなくてもアウトである。
この記事に目を通した集英社の方が通報した可能性は大いにあると思う。

戸愚呂(弟)+風俗店という組み合わせだけでもイカれてるとしか表現できないのだが、実際の所…。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210213145026p:plain

セタとかマイティークラフトの方が通報された可能性もかなり高いと私は思う。

 

 

【候補2】

f:id:catherine_yanagi:20210213145440p:plain

・・

・・

f:id:catherine_yanagi:20210213145456p:plain

・・・

・・・

f:id:catherine_yanagi:20210213145526p:plain

・・・・

・・・・

・・・・

この記事じゃね?通報されたの。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

実際の所、全部の記事じゃね?と思うのだが僕はメールで一体どの記事が通報されたものになるのか気になったので、メールで聞いてみた。

【▼ぼく】

f:id:catherine_yanagi:20210213150027p:plain

確認いたしました。
多分、ほとんどの記事が下記のものに該当しているので、これは修正するのは困難だと思われるのですが、差し支えなければ、どの記事のどの表現が問題であったか教えていただけると助かります。
もし、修正してブログを続けられるのであれば続けたいのですが、無理なようでしたらブログ自体を消させていただきます。
お返事よろしくお願いします。
 
 
そして、返事がやってきた…。
 
 

f:id:catherine_yanagi:20210213150309p:plain

問:倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示しているのはどの記事だったのか?
 
 
答:このブログの低俗・有害・下品・嫌悪感をギュっとすると…
 
 
 

f:id:catherine_yanagi:20210213150642p:plain

これになる。
 
 
 
 
 

f:id:catherine_yanagi:20210213150804p:plain

他記事について網羅的にチェックは行っておりませんが、もし、このような実写ポルノに類する画像がある場合は削除を行ってください。

また、こちらの画像について注意勧告を行うにあたり、ブログを拝見いたしましたところ、記事そのものはユーモアを交え作品を論評するものであり問題はないのですが、漫画のコマなど第三者著作権を有する画像の利用やコラージュ、過度な接写など、かつてはインターネットにおいて一般的ではあったものの、現時点では社会的に不適切である、あるいは権利侵害であるとされうる画像が多いため、今回のような内容での勧告となりました。
現時点においてはグレーゾーンではありますが、今後、サービスをご利用するにあたっては控えていただく必要があるものと考えています。運営方針につきましてご検討ください。よろしくお願いいたします。

------------------------------
はてなサポート窓口 Trust & Safety チーム
cs@hatena.ne.jp
------------------------------

と、はてなブログの方はかなり優しく私に注意勧告をしてくれた。
そう、改めて注意内容を読むとどの記事もやはりアウトなこのブログを咲のパンツの回ダメだと言ってくれてる。(脳内変換)
 
 
そこで気になる第37回・漫画、「咲-Saki-」と「パンツ」について考える。でありますがこちらの記事非公開でとりあえずブログの延命措置が取れましたので幻の回となりました!残念!
f:id:catherine_yanagi:20210213150642p:plain
 
 
【さよなら!「ああっ、子供な大人部」】マジでブログを消されると思ったので急遽書き始めた最終回にする予定の記事ではありましたが、記事作成中に優しい素敵な心の広い使いやすいブログで今後もブログ書くったらコレしかないよね!と思えるはてなブログ様が一応お許し下さったので、今後も気が向いたら記事を書いていこうと思います。
 
 
当ブログ、今後も続いていきます!
 
 
 
また通報されない限り…ネ。
 
 
 
f:id:catherine_yanagi:20210213140037p:plain

第117回・「カードキャプターさくら」と「恋心」研究部

f:id:catherine_yanagi:20200327225246p:plain

魔法少女リリカルなのはを見ました。

僕はリアルタイムでは全く知らず、プリキュアセーラームーン的な少女に向けたアニメの皮をかぶった大きなお友達に向けた作品なのかな?と思っていたのですが大きなお友達に向けたアニメだったみたいです。

機会があって視聴した私も無事大きなお友達になった訳なんですが、「リリカルなのは」を見て思った事がたくさんあった。

f:id:catherine_yanagi:20200327231156p:plain

まず、主人公の魔法少女高町なのは」ちゃんは普通の小学三年生(本人談)らしい。

その小さな体で急に任された「魔法少女」という使命を果たそうとする感じはとても素晴らしい。セーラームーンが猫に任されるならリリカルなのはフェレットだ。

f:id:catherine_yanagi:20200327231826p:plain

中学二年生(本人談)月野うさぎちゃんはおデコにつけたアレで繰り出す「ムーンティアラアクション」で敵をリフレーッシュさせる訳なのだが…

f:id:catherine_yanagi:20200327231722p:plain

 

なのは氏の場合…

 

 

f:id:catherine_yanagi:20200327231847p:plain「シューーート」

f:id:catherine_yanagi:20200327231913p:plainドッゴォ

ドラゴンボールでしか見れないと思われていたレベルのビームを発射しまくる。

魔法少女なのはわかったけど…魔法は予想を超える激しいバトルシーンで相手の動きを封じるか防御するか攻撃するか以外で見た記憶があまりないのと小3でこの武器扱わせて大丈夫か?!親戚のオジサン目線になってしまった。

どんだけ凄い攻撃を受けても服がボロボロになるか顔が汚れるかくらいしかしないのが小学生を守ってますね…よかった!と親戚のオジサンは安心する。(クロノ君だけやたら頭から流血してる気がしたのはきっと男子だからだろう。うん。)

 

f:id:catherine_yanagi:20200327232754p:plain

そして、闘う少女といえば変身シーン。

比較対象がセーラームーンな時点でやはり親戚のオジサンな訳なんですが、やはり普通の少女→闘う少女になるにあたり私服のままな訳がない。

セーラームーンの場合何だかキラキラした背景とキラキラしたセーラームーンになり、クルクルしてちょっとずつ改造セーラー服になって行く野球拳やスーパーリアル麻雀とは反対のパターンだ。

対するリリカルなのは…!

 

 

f:id:catherine_yanagi:20200327233045p:plain

ああっ、出てる!

普通の小学三年生の乳首出てる!

と、もう見てるこっちも親戚のオジサンから変態のオジサンに変身してしまう衝撃的変身シーンでした。

 

と、そんな事を言ってる訳ですがこのアニメ、思いのほかストーリーが深い。

そして、登場キャラクターの信念が強い。

f:id:catherine_yanagi:20200327233910p:plain

敵キャラクターにも負けられない理由がある。

私利私欲や地球征服だとかそういうモノではない、理由。

最初はただ襲われるなのはであったが、後々敵が闘いを仕掛けてくる理由も明らかに。

主人公である「なのは」が勝った所で「じゃあ敵側のアレはどーなるの?」と思わせるストーリー。

 

そんな魔法少女リリカルなのはという作品は私の知らない所でとても人気だったそうです。

今も人気なのかどうかは不明ですが、私が思うこのアニメが人気になった理由は…

f:id:catherine_yanagi:20200327235829p:plain

この主人公高町なのは」の美少女っぷり。

小学三年生だ。僕が割り算のひっ算ができなくて算数を諦めた頃と同い年だ。

きっと普通に少女として最強のビジュアル+魔法少女田村ゆかりと、そして…。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20200328000644p:plain

主人公「なのは」と親友「フェイト」から感じる何かこう…

幼い少女の友情越えたその…なんというか…

f:id:catherine_yanagi:20200328002155p:plain

f:id:catherine_yanagi:20200419191622p:plainえーっと…

f:id:catherine_yanagi:20200328002145p:plain

えーっと…

f:id:catherine_yanagi:20200328000810p:plain

f:id:catherine_yanagi:20200328000835p:plainその…

百合感。

そう、その女子同士による親密度の高さは「マリア様がみてる」を越える何か

この「魔法少女」+「小学三年生」という組み合わせにより存在が隠れ(きれてないとは個人的に思っ)た「小学生」+「百合」という究極ジャンル…

 

f:id:catherine_yanagi:20210107194745p:plain
新ジャンル【幼レズ】

そう、もはや幼レズ。

これがなんともいえない「リリカルなのは」の人気を生んだ隠れたテーマなのではないだろうか。と感じるくらいだ。

小学三年生という年齢からはあり得ないと言っても良い重すぎる「使命」「闘い」「友情」そして幼レズ。

ファンを自称する人がどんなに「リリカルなのは名作!あのアクション凄いよね!あのシーンの作画とBGMは神だよな!」とアニメ通ぶった事を言った所で君ィ…なのは×フェイトの絡みが見たいだけなのでわ?と思うくらいだ。

f:id:catherine_yanagi:20200328000810p:plain

 

 

「なんかどっかでこんなようなの見た事があるな。」

これが見終わった私の感想である。

 

いや、そんなの有り得ない。

魔法少女+小学生+美少女+幼レズ

f:id:catherine_yanagi:20210107194745p:plain跳満級の破壊力。

ここまで凄い組み合わせのアニメをどこかで見た事がある気がするだなんて。

記憶を探る私。

 

そして思い出した。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107200031p:plain

これだッ!!役満級!!

なんならこの漫画は幼レズなんてささいな恋愛吹っ飛ばすような恋が入り組んでいるんだ!

だからか!なのはとフェイトがイチャイチャしてるのを見ても別に何も不思議を感じなかったのは!!

 

と、いう訳で今回は魔法少女リリカルなのは」の幼レズなんて全く気にならなくなるようなカードキャプターさくら」の恋愛事情は何がどう役満級なのか?についてご紹介したいと思います。

 

 

 

☆さくらとCCさくらとは一体何なのか?

f:id:catherine_yanagi:20210107202940p:plain

カードキャプターさくら

ファンは略してCCさくらと呼んでいる。(以下CCさくら)

原作は少女漫画雑誌「なかよし」で連載されたいた。

私がこの作品の存在を知ったのは2000年ごろ、NHKにて放送されていた

f:id:catherine_yanagi:20210107203154p:plainアニメ版。たしか土曜日の夕方にやっていた「ズッコケ3人組」の放送が終わった後に放送されていたと記憶している。

作者は確かレイアースとかで有名な「CLAMP」という人。

昔付き合っていた彼女がこの漫画をとても愛していたみたいでこの作品の話題が出た時に「懐かしいね~、土曜日の夕方にやってたよね~」と言うと「なんだ再放送かよ」と何だか見下され「リ・メイリンちゃんだっけ?が可愛かったよね」と言うと「原作見てねーのかよ、アニメ版にしかいねーから」と言われ何かムカついたからその日のうちに原付でブックオフを巡り全巻揃えて読破した記憶がある。

そんな思い出の漫画であるが、なかよしは小学生の女子が読む漫画であるとナメていた事も事実。

同じく「なかよし」のセーラームーン地獄少女などと同じで「ただの少女漫画」とスルーするのは勿体ない作品であると私は思う。

 

f:id:catherine_yanagi:20210107210012p:plain

 

ストーリーは少女漫画だけあってとても分かりやすい。

f:id:catherine_yanagi:20210107210541p:plain

さくらちゃんが父親の書庫でこの古い本を開いた。

f:id:catherine_yanagi:20210107210626p:plain

するとその本は光り輝き…

f:id:catherine_yanagi:20210107210652p:plain

本から現れる謎の生物。

f:id:catherine_yanagi:20210107210723p:plain

こにゃにゃちわーー!

ほえーーーーーーーー!?

この今聞かないよそんな関西弁の挨拶…をする生き物はケロちゃん

この本を守っている「封印の獣」だそうだ。

その本の中には「クロウカード」というものが入っており、その本からカードの封印を解くとカードの絵が実体化され、悪さをするらしい。

f:id:catherine_yanagi:20210107211109p:plain「…って中身ないよ」

 

f:id:catherine_yanagi:20210107211332p:plain

「本を開けてわいを目覚めさせたっちゅうことは」

「多少なりと魔法を使う素質がおまえさんにあるっちゅうこっちゃ」

 

そして、本の番人ケロちゃんの説得により…

 

悪さをしているカードを発見しては…

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107211642p:plain

「レリ~~~~~ズ!(封印解除)」

f:id:catherine_yanagi:20210107211742p:plain

で、封印の杖を駆使し…

f:id:catherine_yanagi:20210107211802p:plain

クロウカードの精霊たちを召喚し…

f:id:catherine_yanagi:20210107212015p:plain

「あるべき姿に戻れ!クロウカード!!」と悪さしていたカードを…

f:id:catherine_yanagi:20210107212102p:plain封印。

 

こうしてカードキャプターさくらが誕生。

漫画の内容はそんな感じで話は主に「カード集め」と「恋心」で構成されいる。

そして、みなさま薄々気付いていると思うのだが…

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107212930p:plain

 

f:id:catherine_yanagi:20210107212951p:plain

 

f:id:catherine_yanagi:20210107213012p:plain

さくらちゃんの破壊力が凄まじい。

そう、破壊力だ。読者の心をキュンとかトゥンクとかじゃない。

普通に破壊してくるこの可愛さ。

さくらちゃんがニッコリするだけでキラキラするか背景に存在しない花が咲くレベルなのだ。

可愛い。可愛すぎるぞさくらちゃん。

そう、これだけさくらちゃんが可愛いとなれば作中の野郎共が狂ってしまいこの作品の恋愛観をブチ壊してもおかしくないだろう

 

軽く紹介も終わった所でこの漫画の凄み…。

 

レリ~~~~~ズ!(封印解除)

f:id:catherine_yanagi:20210107214254p:plain

 

 

☆さくらと「同い年」編

 

大道寺知世

f:id:catherine_yanagi:20210107214521p:plain

大道寺知世(だいどうじともよ)ちゃん。

彼女はさくらの1番の友達。

そんな知世ちゃんもさくらが大好きなのだ。

f:id:catherine_yanagi:20210107203154p:plain

さくらがカードを集める時の魔法少女感溢れる衣装は変身しているのではない。

f:id:catherine_yanagi:20210107215302p:plain全部知世ちゃん作なのだ。

腕前プロ級の裁縫。そんなヒラヒラで可愛いさくらが見たい一心で何着も何着も用意する。それだけではない。

f:id:catherine_yanagi:20210107215439p:plain

ビデオカメラにカードと戦うさくらを収める。

さくらちゃんガチ勢の知世ちゃん。ちなみに彼女の家はみんなの想像するお金持ちでそこの一人娘の知世ちゃんの語尾には「ですわー」だ。

裁縫がプロ級、家はお金持ち、趣味はビデオ撮影。

そして好きな刑事ドラマは

f:id:catherine_yanagi:20210107215714p:plainはぐれ刑事純情派ですわー。

あの素人がどれだけ練習しても高音すぎてトランペットの音がでないメロディで有名なはぐれ刑事純情派が好みだと言う知世ちゃん。

彼女の想い人は誰なのか。

 

f:id:catherine_yanagi:20210107220723p:plain

「わたしもさくらちゃんが大好きですわ」

どこからか花びらが咲くのはさくらちゃんだけではない。知世ちゃんもだ。

素敵な笑顔で「さくらちゃんが大好き」という知世ちゃん。

そんなさくらちゃんの返事は…

f:id:catherine_yanagi:20210107221041p:plain「わたしも」

 

とっても微笑ましい。

少女達の友情がより熱く、固く結ばれたシーン。

これからも知世ちゃんはさくらちゃんの親友として、そしてさくらちゃんも知世ちゃんとずっと仲良く…

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107221228p:plain

 

「きっと さくらちゃんとは違う意味の」

「『好き』ですけど」

 

 

 

 

 

 

レリ~~~~~ズ!(知世→さくら)

 

 

・大道寺園美

f:id:catherine_yanagi:20210107222604p:plain

知世ちゃんのママである大道寺園美さん。

おもちゃ会社の社長をしているみたいでこの人のバリバリな経営のおかげで娘である知世ちゃんは「ですわ~」と語尾につけるくらいのお嬢様に育つ。

さくらちゃんとはぐれ刑事純情派が好きな知世ちゃんのママはさくらちゃんを見て…

f:id:catherine_yanagi:20210107222945p:plain何か妖しい雰囲気を出す。

そしてその似ている人とは…?

f:id:catherine_yanagi:20210107223337p:plain

従妹であったさくらの母、撫子(なでしこ)だった。

知世ちゃんとさくらちゃんが同級生の幼レズと見せかけてはとこで幼レズだったという事が発覚する。

f:id:catherine_yanagi:20210107223616p:plain幼稚園の頃から従妹の撫子が大好きだった知世ママ。

その半べそで言う「あほな虫」とは一体誰なのか。

f:id:catherine_yanagi:20210107223742p:plain

「木之元先生!」と知世ママが驚いている人はさくらちゃんのパパである。

よって「あほな虫」とはさくらちゃんのパパという事となる。

知世ママの高校生の時の新人教師がさくらちゃんパパという事で知り合いだった。

f:id:catherine_yanagi:20210107224004p:plain

「君が撫子さんをどんなに大事に思ってるか知ってるから」

「だからぼくもいっしょうけんめいがんばったんだ」

さくらの母であり、知世ママの従妹であった「撫子」は死んでしまった。

その事もあり、大好きな「撫子」と結婚したさくらパパが許せなかった知世ママ。

f:id:catherine_yanagi:20210107224204p:plain

「わたしが 一番撫子のこと好きだったのよ」

f:id:catherine_yanagi:20210107224230p:plain

「撫子さんも 君が大好きだったよ」

 

f:id:catherine_yanagi:20210107224304p:plain

「でも わたしが欲しかった「好き」じゃなかったわ」

 

 

 

レリ~~~~~ズ!(知世ママ→さくらママ)

 

 

 

☆さくらと「想像を越えた」編

 

李小狼(リ・シャオラン)

f:id:catherine_yanagi:20210107225213p:plain

さくらは片思いをしていた。

f:id:catherine_yanagi:20210107225244p:plain

相手はさくらの兄「桃矢」(とうや)の友人である「雪兎」(ゆきと)君。

見て分かる通り、文系なイケメンである。

さくらは雪兎を見るとはにゃーん」としてしまうそうだ。(本人談)

そんな雪兎の誕生日に何をあげたら良いかを友達に相談していると…

f:id:catherine_yanagi:20210107225429p:plain

香港からの転校生「李小狼(リ・シャオラン)」がやってくる。

彼がどうして香港から日本に来たのか。

f:id:catherine_yanagi:20210107225529p:plain

彼もまた「クロウカード」を探していたのだ。

同じくクロウカードを探しているさくらちゃんとは対立。

だが、ここで誰も予想ができなかったであろう事が起こる。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107225705p:plain←雪兎

f:id:catherine_yanagi:20210107225725p:plainなぜ照れるんだ小狼君。

そう、なぜだか男である雪兎君に優しくされると照れる。

 

f:id:catherine_yanagi:20210107225945p:plain

さくらちゃんが雪兎に誕生日プレゼントを渡す。

照れてるさくらちゃんカワユス(*'ω'*)

そして、それを見ていた小狼君は…

f:id:catherine_yanagi:20210107230107p:plain「?」

 

f:id:catherine_yanagi:20210107230127p:plain

 

 

 

 

 

 

レ…レレ…レ…

 

 

レリ~~~~~ズ!(小狼→雪兎)

何でもアリか!!何でもアリなのか!?CCさくら!!?

 

 

 

・木之元桃矢

f:id:catherine_yanagi:20210107231559p:plain

桃矢(とうや)君。

パッと見地獄先生ぬ~べ~に見えなくもない彼はさくらちゃんの兄。

李・小狼とさくらちゃんが夢中になる雪兎くんと仲良しだ。

f:id:catherine_yanagi:20210107231903p:plain

「バレンタインのチョコレートでーす!」と元気いっぱいの同級生秋月さん。

f:id:catherine_yanagi:20210107232003p:plainモッテモテ。

「なんでおれに?」桃矢君が好きだから♡」

桃矢君のモテっぷりも良いけど秋月さんの元気いっぱいでストレートな感じが良いな~!青春だな~~!と思っていると…

f:id:catherine_yanagi:20210107232111p:plain

「それに 桃矢君の大切なものもらうんだから お礼もかねてね」

大切なものって何!?大切なものって何!!?

そして何だか不思議な雰囲気を出す秋月さんは…

f:id:catherine_yanagi:20210107232328p:plain

うおおおおッ!

大切なものって何!?ねえ!!??

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107232450p:plain!!?

「おれのもんを誰にやるかはおれが決める」

 

凄い!桃矢君!あの雰囲気でよく我慢…いや断れるな!

君も健康な高校生のハズだ…!一体何が君を止めた!?

 

f:id:catherine_yanagi:20210107232701p:plain

「おれ…好きなやついるから」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

かっけえ!かっけえよ桃矢君!!

僕も…誘惑に負けずにそう想いを貫ける男になりたかったッス!!

桃矢君にそこまで言わせた相手は…!!

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107232958p:plain

「…おれ… …おまえが…」

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107233034p:plain

 

レリ~~~~~ズ!(桃矢→雪兎)

 

 

 

月城雪兎

f:id:catherine_yanagi:20210107233545p:plain

その笑顔で小狼君とさくらちゃんを翻弄する雪兎。

だが、その雪兎は…

f:id:catherine_yanagi:20210107233653p:plain

桃矢から壁ドン喰らってたりしてた。

少年ジャンプ系の漫画を読みすぎていたせいか分からない。

僕の知っている「男の友情」とは遠く離れている気がしてならない。

逆を言えば「なかよし」での男の友情はこんな感じなのかもしれない。

そう、少年少女の「食い違い」は漫画で得た知識から生まれるのかもしれない。

僕も漫画のせいでか「いや~~ん」とか「まいっちんぐ」的な反応が返ってくるだろうと思っていたのに女の子のスカートをめくったくらいで学級問題になるとなんて夢にも思わなかったくらいだから。

f:id:catherine_yanagi:20210107234040p:plain

 

f:id:catherine_yanagi:20210107234055p:plain

 

f:id:catherine_yanagi:20210107234119p:plain

 

f:id:catherine_yanagi:20210107233034p:plain

 

レリレリ…ッ!

 

 

とりあえず我慢だ。

桃矢君が目立ちすぎて忘れちゃいけない。

雪兎をもっと早くから狙っている女子が居るのだ。

f:id:catherine_yanagi:20210107234529p:plain

f:id:catherine_yanagi:20210107234549p:plainさくらちゃん!

こんな可愛い顔で雪兎を見つめると、彼女はとうとう伝える。

f:id:catherine_yanagi:20210107234655p:plain「…好きです」

相手は小学生とは言え令和でも通用する美少女。

雪兎の返事は…!

f:id:catherine_yanagi:20210107235117p:plain優しく受け入れた。

ただ、さくらの気持ちを受け入れただけだ。

「さくらちゃんの一番は僕じゃない」と言う雪兎。

自分に向けている気持ちは父や兄などの「家族」のような「好き」という気持ちであり、恋における「1番」ではないと伝える。

f:id:catherine_yanagi:20210107234909p:plain

「さくらちゃんのこと子供だと思ってはぐらかしてるんじゃないよ」

まっすぐな目でさくらを見る雪兎。

そして、自分の雪兎への気持ちは「恋」とは違うものだと気付かされたさくら。

そんな雪兎に問う。

f:id:catherine_yanagi:20210107235441p:plain

「雪兎さんにも一番好きな人がいるからわかったんですか?」

f:id:catherine_yanagi:20210107235520p:plain

「…そうだね」

さくらは雪兎にもう一度聞く。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107235611p:plain

「…お兄ちゃんですか?」

 

ンな訳ねーだろ(/・ω・)/

 

雪兎くんも勘違いされたら困るであろう。

ハッキリと答えた。

 

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107235812p:plain

レリ~~~~~ズ!(雪兎♡桃矢)

 

 

 

☆さくらと「それは社会的にほえー」編

・観月歌帆1

f:id:catherine_yanagi:20210108000443p:plain

さくらのクラスに算数の先生として赴任してきた観月先生。

髪も長く、スタイルもよく、普通に美人である。

そんな観月先生を見たさくらの兄、桃矢は…

f:id:catherine_yanagi:20210108000835p:plainさくらの先生呼び捨て。

そして観月先生はその言葉使いを注意するのかと思えば…

f:id:catherine_yanagi:20210108000929p:plain「おっきくなったね とーや」

と、中々意味深な反応の二人であった。

だが、この二人は数年ぶりの再会だった。

この二人の過去 -

 

f:id:catherine_yanagi:20210108001428p:plain

「教育実習の最後の日にとーやに月峰神社で「好きだ」っていわれてもう1年なんだね」

f:id:catherine_yanagi:20210108001617p:plain

f:id:catherine_yanagi:20210108001632p:plain

過去、二人は付き合っていた。

だが、観月先生の留学を機会に別れる事となる。

そして、桃矢が高校2年になった今、妹さくらの算数の先生としてまた現れた。

f:id:catherine_yanagi:20210108001834p:plain

「で 別れるときにわたしがいったとおりになった?」

再び出会った桃矢と観月先生。前に彼女は何を言ったのだろう。

f:id:catherine_yanagi:20210108001929p:plain

「今度会うときにはとーやには好きな人ができてるもの」

「それにわたしにも」

 

f:id:catherine_yanagi:20210108002003p:plain

「黙ってるってことは当たりね」

桃矢と別れたときにした観月先生の予言は的中した。

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210108001617p:plain

中学生と教育実習生の女子大生が付き合うってマズくね?桃矢の行動力は評価するけど受け入れちゃう上に1年も何やってんの観月先生。

f:id:catherine_yanagi:20210108001929p:plain

「今度会うときにはとーやには好きな人ができてるもの」

 

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210107235812p:plain

レリ~~~~~ズ!(観月×桃矢)

 

そんな観月先生の好きな人は誰なんだろうか。

 

 

 

 

・観月歌帆

f:id:catherine_yanagi:20210108002933p:plain

柊沢エリオル君。

CCさくらの後半でさくらのクラスにイギリスから転校してきた謎の少年。

この少年は物語後半でかなりの重要人物。

イギリスで留学していた観月先生と知り合っていた。

f:id:catherine_yanagi:20210108003140p:plain

初登場時と比べると髪型が変わったからかめっちゃ可愛い観月先生。

なぜこんな素敵な方が当時中学生の桃矢と付き合っていたのかが分からない。

だが、その謎は最終巻で解ける。

f:id:catherine_yanagi:20210108003332p:plain←大人のお姉さん

そんな衝撃的なシーンがこちら。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210108003347p:plain

「知ってたんでしょう?わたしがあなたを好きだって」

「…ああ」

f:id:catherine_yanagi:20210108003446p:plain←エリオル君(小5)

 

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210108001929p:plain

「今度会うときにはとーやには好きな人ができてるもの」

「それに わたしにも」

 

 

 

 

レリ~~~~~ズ!(観月×エリオル)

 

観月先生は年下の男の子が好みのようである。

 

 

 

木之本藤隆

f:id:catherine_yanagi:20210111232432p:plain

さくらちゃんのパパである。

妻である撫子は亡くなってしまったため、男手一人でさくらちゃんと兄の桃矢を育てる。

それだけでもイクメンとしてかなりのモノだが、43歳らしいのだが見た目のイケメン度も高く、職業も大学の講師とかなりレベルの高いパパ。

そもそも、奥様の撫子さんもレベルが高い。

f:id:catherine_yanagi:20210111232718p:plain

ただの美人かと思いきやモデルを務めてしまうレベルの美人。

f:id:catherine_yanagi:20210107224304p:plain従妹にコレを言わせるくらいなので相当魅力的な女性だという事が分かる。

そんな知世ちゃんのママからの発言でさくらパパとママの話が聞ける。

 

f:id:catherine_yanagi:20210111233355p:plain

「撫子さんはあのときまだ高校生で」

「僕はまだ先生になったばかりで…」

と、ママとの出会いの話かと思ったら…

f:id:catherine_yanagi:20210111233437p:plain

「そうよ!!まだ新米教師だったくせに教え子と結婚したのよ!」

「私の大事な撫子と!」

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210111233525p:plain

 

さくらパパ

 

 

レリ~~~~~ズ!(パパ×ママ)

 

「社会的にほえー」で済むかコレ!?

 

 

・利佳ちゃん

f:id:catherine_yanagi:20210111233955p:plain

さくらちゃんは雪兎くんに誕生日プレゼントを何を渡すかで悩んでいた。

年上の雪兎くんに何を渡したら喜んでもらえるか…。

そこで知世ちゃんの出した案が…

f:id:catherine_yanagi:20210111234146p:plain

「利佳ちゃんにアドバイスしていただくというのは?」というもの。

さくらも「そっか」と頷く。

「利佳ちゃん年上の人とおつき合いしてるんだもんね」うん?となる発言が飛び出す。

小学生で彼氏が彼女が~が、そもそも早いような気もするが年上の男性というのがまた利佳ちゃんのレベルの高さを匂わせる。

f:id:catherine_yanagi:20210111234519p:plain

そんな話をしていると、利佳ちゃん登場。

そして、悩みを打ち明けるさくらちゃん。

f:id:catherine_yanagi:20210111234806p:plain

「ちょうどわたしもクリスマスのプレゼント買おうと思ってたところなの」

「帰りにいっしょにいかない?」

と、さくらからしたら恋の達人、利佳ちゃんと放課後にお買い物へ行く事に。

f:id:catherine_yanagi:20210111234914p:plain

達人利佳ちゃんと一緒に選んだプレゼントなら雪兎もきっと喜んでくれる。

そう思うとまだ1時間目も始まっていないのに嬉しいさくらちゃんであった。

f:id:catherine_yanagi:20210111235035p:plain

そんな恋する少女トークが終わると、教室に先生が登場。

「ホームルームはじめるぞー」

そしてどういう訳だか先生の視線は…

f:id:catherine_yanagi:20210111235224p:plain利佳ちゃん。

そして、視線を感じた利佳ちゃんは…

f:id:catherine_yanagi:20210111235301p:plainにこっ

微笑まれた先生は…

f:id:catherine_yanagi:20210111235334p:plain先生?( ^)o(^ )

 

レ…レレレ…ッ

 

 

いや、我慢だ。まだ早い。

もしかしたら利佳ちゃんが先生が少年時代に片思いしていた子にかなり似ているとか、亡くなってしまった娘に似ているとかそういったストーリーがあるのかもしれない。

逆に利佳ちゃんの方からアタックが激しすぎて普通に対処法がわからず困っているとかそんな教師ならではな悩みでもあるのかもしれない。

そんな、微笑む利佳ちゃん、照れる先生の答えはすぐ後にあった。

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210112000049p:plain

図書室で二人きりになる先生と利佳ちゃん。

f:id:catherine_yanagi:20210112000200p:plain

「約束どおり」と何かを置く先生。

利佳ちゃんと何か取引でもしようとしているのだろうか。

そしてその箱を開けると…

f:id:catherine_yanagi:20210112000309p:plain指輪。

一体、何の指輪だというのだ小学生に。

その謎はすぐに解ける。

f:id:catherine_yanagi:20210112000442p:plain

「店のお姉さんに「婚約指輪」です」っていって買ったぞ」

f:id:catherine_yanagi:20210112000524p:plain??

「婚約指輪」になるまで大事にしろよ」

f:id:catherine_yanagi:20210112000607p:plain????

 

 

 

 

アウトーーーー!!!!(利佳×先生)

 

 

 

☆さくらと「最後の恋」編

f:id:catherine_yanagi:20210112001052p:plain

最初はさくらの事が好きじゃなかった小狼

だが、一緒にクロウカードを集め、最後の敵をさくらと共に戦った小狼

全てが終わった彼は香港へ帰る事となっていた。

そして、まだ日本でやりのこした事…

それはいつの間にか好きになっていたさくらに自分の気持ちを伝えることだった。

f:id:catherine_yanagi:20210112001459p:plain

「おれがいちばん好きなのは…おまえだ」

その目に迷いは一切ない。正直な気持ちを伝えた小狼

f:id:catherine_yanagi:20210112001549p:plain

さくらはその告白を聞いてから頭の中がそれでいっぱいだった。

今まで自分は小狼をどう思っていたのか。

小狼のことは確かに「好き」だが、それは友人としてなのか、それとも異性としてなのか。

さくらにはまだそれが自分で分かっていなかった。

f:id:catherine_yanagi:20210112001735p:plain

「雪兎さんの時とは違うこの気持ちって…なんなんだろう」

そうは思うが、まだハッキリと気づけていなかった。

f:id:catherine_yanagi:20210112002849p:plain

さくらは小狼との事を親友の知世ちゃんに話そうとする。

だが、知世はさくらの様子が違う事に気付いて、小狼から告白された事、さくらが自分の気持ちに気付けてなくてどうしていいかわからない事…。

知世にはそこまで全てお見通しであった。

その上でアドバイスをする。

f:id:catherine_yanagi:20210112003044p:plain

「人がいちばんわからないのは自分のことですわ」

「とくに「こころ」のことは」

f:id:catherine_yanagi:20210112003133p:plain

「だいじょうぶです」

「答えはもうさくらちゃんの中にありますわ」

「あとはそれに気づくきっかけだけです」

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210112003246p:plain

「会えないと悲しくない?泣きそうになったりしない?」

年上と交際している利佳ちゃんにも聞いてみた。

せっかく自分の気持ちに気付けたのに小狼が香港へ戻る事を知ったさくらはこの気持ちをどうしていいのかが分からなかった。

f:id:catherine_yanagi:20210112003521p:plain

「さびしい時もあるよ」

「でもやっぱり好きだから」

f:id:catherine_yanagi:20210112003546p:plain

「会えないっていうだけで」

「きらいになったりできないわ」

 

f:id:catherine_yanagi:20210112003651p:plain

「大好きな人にもう会えないっていうのはほんとうにつらいことだから」

「そうならないように一生懸命できるかぎりのことをしたと思う」

f:id:catherine_yanagi:20210112003833p:plain

「さくらちゃんがその人に会いたくてその人もさくらちゃんに会いたいと思ってくれればまた会えるよ」

 

雪兎がさくらの「いちばん好きな人」について聞くと、もう会えないかもしれないと困った顔をしたさくらにかけた言葉。

 

こうして色々な人に言葉をもらったさくらは、自分の気持ちに正直になる。

空港へ向かう小狼の乗るバスを追いかけるさくらは大声で伝える。

f:id:catherine_yanagi:20210112004427p:plain

「わたし…!」

f:id:catherine_yanagi:20210112004518p:plain

「わかったよ自分の気持ち…!」

f:id:catherine_yanagi:20210112004541p:plain

「…わたしの いちばんは」

f:id:catherine_yanagi:20210112004611p:plain

小狼君だよ!」

 

f:id:catherine_yanagi:20210112004644p:plain

「かならず帰ってくるから!」

「いつ?」

f:id:catherine_yanagi:20210112004727p:plain

「時間がかかると思う まっててくれるか?」

「…うん!」

 

心の整理がつき、自分の気持ちに気付けたさくらは小狼の告白の返事をした。

その答えは両方が想い合う素敵なものであった。

だが、小狼は香港へ帰る。

それが一体いつまた日本へ帰ってくるのかは分からない。

 

だが、さくらは待っていた。

会えないことは確かにつらいが、会えないだけで嫌いにもならないしお互いが会いたいと思っていれば再び会えると信じているから。

 

そして、数年後 -

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210112005511p:plain

 

2人はもう一度、出会う。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

問:カードキャプターさくら」の恋愛事情は何がどう役満級なのか?

f:id:catherine_yanagi:20210107221228p:plainf:id:catherine_yanagi:20210107224304p:plain

f:id:catherine_yanagi:20210107233653p:plainf:id:catherine_yanagi:20210107235812p:plain

f:id:catherine_yanagi:20210108003446p:plainf:id:catherine_yanagi:20210111233525p:plainf:id:catherine_yanagi:20210112000442p:plain

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210112010307p:plain

答:何か色んなやべー奴がたくさんいた気がするけどさくらちゃんと小狼君の恋が叶った時に作中内他全ての恋愛を忘れられるからその凄みで役満級。

 

いや、ホントなのよ!

CCさくら読んだ人なら納得だよね!?

みんな最終的には小狼君とさくらの恋に釘付けだから全然この漫画の恋愛倫理感ひん曲がってるとか社会的におかしいとか多様性で済まされないとか思わないのよね?!

 

だからその…詳しくジャンル分けしても何の違和感も覚えないだろうけどみんな最終的には小狼君とさくらの恋に釘付けなハズだから幼レズ従妹レズやおい教え子に手を出す教師×3(内訳:女子高生×1 小学生×2)も…

 

その…

 

あれだ…

 

 

 

 

f:id:catherine_yanagi:20210112011052p:plainね?